JIS規格に対応している校正な分銅の探し方

分銅とは、はかりで質量を測定する時に用いる道具のことを言います。学校の理科の授業で、分銅やはかりを使用して、実験を行うことがありますので実際に手に取ったことがある方は多いでしょう。また、校正とは、計測器の機能や精度を確認することを示しています。そして天秤や、はかりの校正を行う時に分胴を用いることがあります。分銅にも種類があり、基本分銅は、検定所などで計量法の基準を満たした分銅のことです。また、JIS規格に適合した分銅には、JISのマークが付いています。JISとは、日本の工業製品に対する国家規格です。様々な製品には標準となる基準が設けられており、材質や、性能などの審査を受け認定を受けた物だけが、JISマークを表示することができます。分銅にも認定を受け、品質が保証されている分銅があります。

校正を行う分銅の校正はとても重要

天秤やはかりを使い物質の質量を測るために分銅を使用します。質量とは、物体が様々な場所にあっても変化することのない、物体そのものの値のことを言います。また分銅にはランクがあり、校正用の分銅を使用する場合は、校正のランクに合わせてそれに見合ったランクの分銅を使用するようにしましょう。質量の校正は、トレーサビティ精度に沿って、それぞれの重さの不確かさを表しています。不確かさと聞くと、漠然としていてはっきりしない表現に思いがちになりますが、本来の値があり、気候や気圧などで起こるほんの少しの差の範囲のことです。そして、正確な校正を行うためには、使用する分銅の校正もとても大切なことになります。分銅は管理方法や状態によって、変動はありますが、最大3年周期で校正すると良いでしょう。

分銅は使用用途によって種類が様々です

分銅には様々な種類があり、一般的には円筒形のものが多いのではないでしょうか。また、校正や精度の高い測定を行う際には、とても大きなものから、板状のとても小さいものまであります。素材も様々ですので、使用する目的に合わせて選ぶ必要があります。そして、分銅はとても繊細で、少しの汚れや皮脂などで値が変化してしまいます。インターネットでは、様々な種類の分銅を検索することができます。もちろんJIS規格に適合している分銅を探すことも可能です。またJCSS登録事業者による、校正を受けることにより、JCSS標準の分銅になります。JCSS登録事業者とは、事業者の品質管理、校正方法、整備などが、校正を行う上で適切かどうかの審査を受け、認定を受けた事業者のみが名乗ることのできる特別な証となっています。ですので、JCSS登録事業者であれば、分銅のノウハウを熟知しているので、安心して購入することができます。

公平な電気取引を実現するため、他社との違いより厳密で適正な検定・検査を公正中立な第三者機関として日々努めています。 当社では、電気の適正な取引を目指すために取引用電気計器の検査や電気基準の維持、電気計測に関する研究を行っています。 分銅の校正を行うならJEMICにお問い合わせください