互換タイプのインクはプリンタの型から選ぶ

パソコンの周辺機器としてはプリンタは初期から発売されていたでしょう。もともとはパソコンメーカーが作っていたこともあったようですが、今はパソコンメーカーとは別の会社が作るケースが多くなっています。パソコンメーカーのブランドはOEMの場合があります。プリンタはプリンタの専門メーカーが作ることが多くなっています。日本では大手2社がシェアの大半を占めています。互換タイプのインクを購入するとき、今利用しているプリンタの型番から選ぶようにします。プリンタごとに使えるカートリッジが異なります。見た目が良く似ていても微妙に形が異なることがありますし、ICチップの情報が異なる場合があります。プリンタの型から選べば間違いは少なくなります。ただし業者によってはプリンタの型から選べないこともあります。その時はカートリッジの型でしか選べません。

政府がエコと認めた互換のあるインク

土産物屋で売られているカメラはかつては使い捨てカメラと言われていました。でも今はレンズ付きフイルムになっています。それは使い捨てではなくなったからです。カメラごと写真屋に出せば写真屋はフイルムのみ現像し、その他の部品はリサイクルして再利用することができます。政府は積極的にエコな取り組みをしている場合にはそれをエコな活動と認めてより推奨することがあります。プリンタの互換性のあるインクを製造販売している会社の中には、カートリッジの再利用を進めている会社があります。それを洗浄してインクを充填し販売しようとする会社です。そうすることでカートリッジ部分を再利用することができるようになります。ある会社は政府がエコと認めていますから、安心して利用することができます。純正を販売している会社が認めているかどうかはわかりません。

互換タイプのインクを使用して問題時の業者の対応

プリンタのメーカーは互換タイプのインクを利用することを認めていません。ですから利用して何らかのトラブルが発生しても保証期間の無償修理などはしてくれません。有償修理などにも対応してくれない可能性もあります。でもそれぞれの業者の中には一定の保証をしてくれるところがあります。それを知っておくとアニカトラブルがあった時にも助かるかもしれません。一般的な業者の対応は、もし何らかの不具合があった場合に返品交換に応じる、返品返金に応じるなどです。カートリッジそのものへの影響や対応はしてくれます。ある業者はそれらに加えてプリンタそのものの不具合の対応もしてくれるようです。あくまでもそのカートリッジを使っての問題に限りますが、修理代金を負担してもらえる場合があります。保証が十分あるところで使う方がいいでしょう。